関連記事

連絡はこちらまで

© No info,no life All rights reserved.

ノロウイルスの飛沫感染を予防!間違った対処だと危険?

 毎年冬になると流行る感染性胃腸炎の一つ、ノロウイルス

 空気感染し、下痢や嘔吐が症状であり、多くの人が苦しむ感染症です。

 正しい知識を持ち、飛沫感染させず、確実に除菌したいところですね!

 

 

 ノロウイルスと聞くと、牡蠣を連想してしまいます。

 どーも、akiraです。

 牡蠣の栄養についての記事もありますので、良ければご覧ください。

 牡蠣の栄養と食べ過ぎの関係は?ノロウイルスは大丈夫?

 

 ノロウイルスについて

 

 乾燥した時期に話題になるノロウイルスですが、簡単に特徴をお伝えしたいと思います。

 

  ・乾燥したところを好む
  ・潜伏期間は1~3日
  ・飛沫感染(空気感染)する
  ・アルコール除菌では、除去することが出来ない
  ・少ない数でも、体内で増殖して体に悪影響を出す
  ・症状は、嘔吐、下痢、発熱など
  ・他のウイルスよりも、細かくて小さい

 

 順番が適当で申し訳ないですが、このような認識を皆さん持っていると思います。

 知らない情報がありましたら、覚えておきましょう!

 

 ノロウイルスに感染する方法として考えられるのは、

 飛沫感染 or 直接摂取 の2通り考えられると思います。

 これらの感染経路をどのように予防していくかを、続けてご紹介したいと思います。

 

 予防方法

 

 まず、飛沫感染についてです。

 

 確実な処理

 

 ノロウイルスに罹った人の嘔吐物や糞便には、ノロウイルスが含まれています。

 嘔吐物の処理には、塩素系の消毒剤の使用か、85℃1分以上の処理が欠かせません。

 これをせずにアルコール消毒だけなどで済ませてしまうと、嘔吐物だけを処理しても、ウイルスが浮遊して飛沫感染に繋がります。

 確実に処理をしないと、2次感染の原因となりますので、十分に気を付けましょう。

 屋外や公共の施設での処理には塩素系の消毒剤を使い、家庭ではスチームアイロンなどを使ってノロウイルスを除去しましょう!

 

 公衆トイレをできるだけ使わない

 

 また、飛沫感染する場所で覆いのが、公衆トイレ。

 ノロウイルスが潜伏している間は症状は出ませんので、その人が公衆トイレを使って、そのトイレにノロウイルスを残していく可能性は十分にあります。

 できるだけ、ノロウイルスが流行っているときには公衆トイレは使わないようにするべきですね。

 

 マスクの着用

 

 安いマスクですと、細かいノロウイルスを通してしまうので、目が細かいマスクを着用するようにしましょう。

 目の粗いマスクでも、マスク用の抗菌スプレーなどもありますので、賢く予防したいところです。

 

 

 次は、直接摂取についてです。

 あまり直接摂取とは言わないかもしれませんね。(笑)

 代表的な例でいいますと、ノロウイルスを持っているカキなどの摂取で発症する場合ですね。

 詳しくは、牡蠣の栄養と食べ過ぎの関係は?ノロウイルスは大丈夫?をご覧ください。

 

 そして多いのが、公共施設の利用での感染ですね。

 飛沫感染の可能性もありますが、ノロウイルス保菌者が触ったドアノブを触って、その手で何かモノを食べてしまうと感染に繋がります。 

 

 これは予防できない事例ですが、料理をする人の手にノロウイルスがあった場合、集団感染などを引き起こす可能性があります。

 料理をする人は、責任を持って通常の手洗いにいつもより時間をかけて、ノロウイルスを洗い流すようにしましょう。

 より確実に洗い流すために、2度手洗い(文字通り2回手を洗う)もあるそうですので、参考にどうぞ!

 

 まとめ

 

 飛沫感染と、食品などを介した直接感染があるのがわかってもらえたと思います。

 たくさんの人が集まるような場所では、その場所の責任者がしっかりした対応をし、利用する人々はマスクや十分な手洗いなどの対策をしっかりすることで、ノロウイルスを抑えられるはずです。

 また、当たり前ですが、そもそも体調を管理して、常に健康状態を保つようにしたほうがいいですね。

 健康であれば、ノロウイルスを摂取してしまったとしても、発症したとしてもその後の回復なども早いと思います。

 マスクなどの予防も大切ですが、普段からの健康にも気にしてみましょう!!

 ここまでお読みくださいまして、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【ビフォーアフター】戦争で生き別れた3兄弟、90年後に再会して写真撮影?

©borepanda.com 先の大戦で生き別れになった3兄弟。ネットという名の文明の力でお互いの生存が判り、90年後に再会し、3人…

お誕生日サービス悪用?365日タダメシ喰らった19歳学生!

お誕生日サービスを悪用し1年間タダ食いライフハックをTiktokで公開(該当投稿削除)はした19歳の学生が話題になった。お誕生日は無料クー…

michelleobama_vote_bychari

ミシェル・オバマさんの『VOTEネックレス』ってどこで買える?ブランドは?

ミシェル・オバマ前大統領夫人が'20年8月17日に開催されたオンライン民主党大会で身に着けていたネックレスに注目が集まりました。 …

人口1人に議員7人?ふるさと納税で投票できるフランスの制度が気になる…

日本の自治体数は1700以上になる。避難勧告が出ている福島県双葉郡葛尾村の人口は18人だがそれを下回る自治体が世界にはある。フランス南西部…

年の差40・運命の男性は伝説のマフィアだった!マイヤー・ランスキーの愛人・手紙を公開

© Zali de Toledo /dailymail.co.uk メイヤー・ランスキーは禁酒法時代から'60年代後半にかけ…

世界最高齢のシャム結合双生児68歳で死去

©nytimes.com '20年7月4日、世界最高齢の結合性双生児のドニー、ロニー・ガリヨン兄弟が心臓発作で亡くなりまし…

201612/29

海外のトレンドを先取り!!2017年には日本に上陸するかも!?〜スキンケア編

ここ数年、日本の文化が海外で注目されその勢いは増すばかりです。そして現在、海外では日本の文化からヒントを得て誕生したというインディゴ・スキン…

201612/25

クリスマスシーズンにはやっぱり定番のあの曲は聴いておきたい!

今日はクリスマス。みなさんはどんなクリスマスを過ごしているのでしょうか。パーティーやイベントで盛り上がったり、恋人とロマンチックなひと時を過…

201612/21

地味な女子高生が一夜で有名人に!?『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

ハリウッドで今注目を浴びている若手俳優エマ・ロバーツ主演の『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』が新年2017年1月6日に全国ロード…

201612/15

有名人がゆえにプレッシャーも大きいのかもしれない…過去に自殺未遂を起こしたセレブたち

ストレスというものから逃れることのできない現代社会。ストレスからくるうつや孤独感に悩まされている人は世の中にたくさんいると思います。そしてそ…

201612/11

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』予告編新作公開!ベイビー・グルートに注目!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』が2017年5月5日に全米公開されるようで、予告編の新作が公開されました。新作の予告編では第一弾でほ…

201612/7

最悪の1日を過ごしてしまったという人もこれを見れば元気復活間違いなし!

「今日は本当に最悪の1日だった…」誰しも一回はこんな経験をしたことがあるはずです。けれども「最悪の1日」を過ごす人って世の中に意外と多いもの…

201612/3

将来はこうなっちゃう!?セレブにそっくり?な赤ちゃんたち

世の中に有名人のそっくりさんって意外といるものですが、今回登場するのはセレブのそっくりさん〜赤ちゃん編です。やはり有名人のそっくりさんともな…

201611/29

見るも無残、店内がめちゃくちゃに…これが本場のブラックフライデー!?

アメリカでは感謝祭の翌日の金曜日にブラックフライデーと呼ばれる大規模なセールが実施されます。小売店が大きく黒字になることからこう呼ばれるそう…

201611/27

迫力満点の波の写真がまるで山岳のよう

オーストラリア人の写真家Lloyd Meudellさんの波の写真がこの上なく美しいと話題を呼んでいます。 (さら…

ページ上部へ戻る