関連記事

連絡はこちらまで

© No info,no life All rights reserved.

人を騙すのはやっぱり良くない、でも感心してしまう!?『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

近年、新しい政策や制度などに便乗してさまざまな手口を使ったいわゆる振り込め詐欺が横行する世の中になってしまい、その被害も後を絶ちません。人を騙してお金を吸い取るなんてホントにセコイなーと思うし、切ないですよね。やっぱり良くないですよ、詐欺は。私は詐欺の話を聞くと、決まってレオナルド・ディカプリオが天才詐欺師に扮した映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を思い出します。実在した詐欺師の物語です。1960年代に世間を騒がせた実在の天才少年詐欺師フランク・アバグネイル・ジュニアの逃亡劇を描いた実録犯罪コメディなのですが、近年横行している◯◯詐欺とはスケールが違うんです、これが。感心すらさせられてしまう作品なんです。時代背景も関係するとは思うのですが、実話だというから驚きです。世の中に天才っているものです。

 

 

 

原作はフランク・アバグネイル自ら執筆した自伝「世界をだました男」。

catch me if you can book_

噂によると、この原作というのが映画よりもはるかに面白いのだとか。

 

 

あらすじ

1963年、16歳のフランク・アバグネイル・ジュニア(レオナルド・ディカプリオ) は、両親の離婚のショックから家出をする。何とか生き抜く手立てを、と思いついたのが小切手詐欺だった。試行錯誤のあげく、航空会社からパイロット情報を入手。まんまとパイロットになりすまし、人々を欺いた。それからというもの、フランクの華麗なる詐欺行為に拍車がかかる。小切手の偽造を繰り返しては巨額の資金を手に入れていくのだ。そんな中、FBIが動きだす。巨額小切手偽造詐欺事件の捜査にあたっていたベテラン捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)は犯人逮捕に全力をあげるわけだが…

 

この天才詐欺師のフランクさん、何と16歳から詐欺をはじめ、21歳までに400万ドルも稼いだそうですよ。400万ドルといったら、現在の貨幣価値で3億を余裕で超える額だそうです。

多少なりとも膨張はされているにせよ、何せ“実話”ということが念頭におかれたまま作品を観てしまっているので、こんなことホントに簡単にできちゃうのか!?と驚きと疑いの連続でした。巧妙な手口で詐欺行為を繰り返しては、まるで鼻が利くかのように敵を欺き、華麗に捜査の手を逃れる。これほどうまくいくものなのか。

 

そして、犯人を取り逃がすばかりのFBI。こんなにヘナちょこでいいのか!?と時折思いつつも、追う者と追われる者とのイタチごっこがコミカルにテンポよく描かれていて笑いを誘います。そしていつしか、その2人が捜査官と詐欺師を越え、何か別の不思議な関係になっていくあたりも興味深いものがあります。

 

detect

 

この嘘のようなホントのお話はもとより、この作品は60年代の風景や衣装などがとてもスタイリッシュに表現されており、その映像も見応えたっぷりです。たとえその時代を知らなくてもなぜか懐かしさを感じます。

airport

まあ、最終的に天才詐欺師フランク・アバグネイルはとうとう21歳で逮捕され、詐欺人生に終止符を打ち、刑に服すわけですが、その才能を生かし後に詐欺防止を中心とした金融コンサルタント会社を設立したとのこと。頭のキレる人はやはりどこか違うものです。


 

ついでと言っては何ですが…この作品は1960年に実在した天才詐欺師のお話ですが、現代版フランク・アバネイルとも呼べる天才詐欺師のお話があるのです。もちろん実話です。その詐欺の手口といったら、まさに『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』そのもの。ただ1つ違うのは小切手詐欺がクレジットカード詐欺という点。それ以外はまるっきりと言っていいほど映画と同じで驚いてしまいました。

 

こちらの天才詐欺師はスコットランド出身のエリオット・カストロ。16歳から詐欺を始め22歳になるまでに数百万ドルを人から騙し取り、逮捕されたのは2005年。服役後にはその才能を生かしセキュリティー会社でフリーのコンサルタントをしているのだとか。詐欺師引退後の進路までそっくりではないですか。映画を観て詐欺師になったのでしょうか…!?

 

エリオット・カストロ自らが悪事のすべてを明かした本(自伝を執筆するところまで同じです!)が出版されています。これがけっこうハマります。

other people's money_

『アザー・ピープルズ・マネー』日之出出版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20209/23

お誕生日サービス悪用?365日タダメシ喰らった19歳学生!

お誕生日サービスを悪用し1年間タダ食いライフハックをTiktokで公開(該当投稿削除)はした19歳の学生が話題になった。お誕生日は無料クー…

michelleobama_vote_bychari

ミシェル・オバマさんの『VOTEネックレス』ってどこで買える?ブランドは?

ミシェル・オバマ前大統領夫人が'20年8月17日に開催されたオンライン民主党大会で身に着けていたネックレスに注目が集まりました。 …

人口1人に議員7人?ふるさと納税で投票できるフランスの制度が気になる…

日本の自治体数は1700以上になる。避難勧告が出ている福島県双葉郡葛尾村の人口は18人だがそれを下回る自治体が世界にはある。フランス南西部…

年の差40・運命の男性は伝説のマフィアだった!マイヤー・ランスキーの愛人・手紙を公開

© Zali de Toledo /dailymail.co.uk メイヤー・ランスキーは禁酒法時代から'60年代後半にかけ…

世界最高齢のシャム結合双生児68歳で死去

©nytimes.com '20年7月4日、世界最高齢の結合性双生児のドニー、ロニー・ガリヨン兄弟が心臓発作で亡くなりまし…

201612/29

海外のトレンドを先取り!!2017年には日本に上陸するかも!?〜スキンケア編

ここ数年、日本の文化が海外で注目されその勢いは増すばかりです。そして現在、海外では日本の文化からヒントを得て誕生したというインディゴ・スキン…

201612/25

クリスマスシーズンにはやっぱり定番のあの曲は聴いておきたい!

今日はクリスマス。みなさんはどんなクリスマスを過ごしているのでしょうか。パーティーやイベントで盛り上がったり、恋人とロマンチックなひと時を過…

201612/21

地味な女子高生が一夜で有名人に!?『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

ハリウッドで今注目を浴びている若手俳優エマ・ロバーツ主演の『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』が新年2017年1月6日に全国ロード…

201612/15

有名人がゆえにプレッシャーも大きいのかもしれない…過去に自殺未遂を起こしたセレブたち

ストレスというものから逃れることのできない現代社会。ストレスからくるうつや孤独感に悩まされている人は世の中にたくさんいると思います。そしてそ…

201612/11

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』予告編新作公開!ベイビー・グルートに注目!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』が2017年5月5日に全米公開されるようで、予告編の新作が公開されました。新作の予告編では第一弾でほ…

201612/7

最悪の1日を過ごしてしまったという人もこれを見れば元気復活間違いなし!

「今日は本当に最悪の1日だった…」誰しも一回はこんな経験をしたことがあるはずです。けれども「最悪の1日」を過ごす人って世の中に意外と多いもの…

201612/3

将来はこうなっちゃう!?セレブにそっくり?な赤ちゃんたち

世の中に有名人のそっくりさんって意外といるものですが、今回登場するのはセレブのそっくりさん〜赤ちゃん編です。やはり有名人のそっくりさんともな…

201611/29

見るも無残、店内がめちゃくちゃに…これが本場のブラックフライデー!?

アメリカでは感謝祭の翌日の金曜日にブラックフライデーと呼ばれる大規模なセールが実施されます。小売店が大きく黒字になることからこう呼ばれるそう…

201611/27

迫力満点の波の写真がまるで山岳のよう

オーストラリア人の写真家Lloyd Meudellさんの波の写真がこの上なく美しいと話題を呼んでいます。 (さら…

201611/25

素敵すぎる!毎日違う装いで仕事に向かう86歳の粋なおじいちゃん

みなさんはみだしなみにいつも気を使っていますか?おしゃれな人っていくつになってもホントに素敵に見えるものですよね。 カメラマンのZoe…

ページ上部へ戻る