関連記事

連絡はこちらまで

© No info,no life All rights reserved.

スティーブンスピルバーグ

スピルバーグ監督がジュラシックワールドを語る!新予告も!

 ジュラシック・パークを前身にした映画、ジュラシックワールド。スピルバーグ監督が予告動画とともに本作の魅力について語ってくれています!英語のものですが、簡単な解説と共にお伝えしていきます!作成者の思いを感じながら予告としても楽しめます。

 

 

 名作をたくさん産んでいるスティーブン・スピルバーグ監督ですから、期待している人も多いかもしれません。現代のCG技術の発展により、かなりリアルに恐竜を感じられるのではないでしょうか。映画館での迫力は体感してみないことにはわからなさそうです!ジュラシックワールドのあらすじについて、

 ジュラシックワールドのあらすじ!予告編と一緒にご紹介!

 で紹介していますので、よろしかったらどうぞ!ちなみに今回の予告とは違うものを紹介しています!

 スピルバーグのコメントありの予告

 これが予告も兼ねている動画です!ヒヤヒヤする場面もあるはず!

 スティーブンスピルバーグ監督のコメントと、共同制作者であるコリンさん、オーウェンを演じるクリスプラットさんのコメントを先にお伝えします!

 スピルバーグ「このジュラシックワールドは、ジュラシックパーク(恐竜公園)が実現したかのような作品だ。(後半部分)それでいてオリジナルのストーリーで進み、スリルに満ちたものになっている」

 コリン「スピルバーグ監督のアイディアでは、今地球上にいる全ての動物との関係についての映画を作ろうってことだった。(後半部分)常に私は、この映画の目的を次のようにしていた。大人が子供に戻ったかのような気分を味わえる作品にする目的さ。」

 クリス「楽しむだけのために動物を作ったとき、それは人類にとって上手くいかなくなるだろう。(後半部分)ジュラシックワークのファンのためにも、この映画を作った人が誇れるような作品にしなくちゃって責任は感じてたよ。

 スピルバーグのオリジナルストーリー、また子供向けではなく十分に大人も楽しめるストーリーのようです。動物と人間の生き方を考えさせる場面もあるかもしれませんね。

 では以下に簡単な英語の補足説明などをしていきます!

 

 

 約0秒~1分

 船が島に向かっています。

 球形の乗り物に子供たちが乗っており、間近で恐竜が見えていますね。

 声「我々は素晴らしい生き物のアトラクションを作った。その場所は私たちの想像を実現している」

 乗り物ではしゃぐ子供。そして、ジュラシックワールドの中には多くの人々が。

 様々なアトラクションが見えます。

atraction1

atraction2

atraction3

 子供「めっちゃすげえ!」と興奮しています。

 スピルバーグの話のあと、オーウェンが女性と話しています。

 オーウェン「6500万年前の森をぶらついてみるかい?」

 コリンがコメントしています。

 その後、オーウェンは恐竜に命令を出しています。

 オーウェン「俺を見るんだ」

オーウェン

 恐竜たちは、言われたとおりに動いています。

 どうやら、オーウェンの仲間となる恐竜っぽいです。恐竜全部が全部敵ではないんでしょう。

 女性「私たちが出す全てのアトラクションは、見る人を釘付けにするの」

 約1分~最後まで

 もう一度スピルバーグのコメント。

 その後、女性が話します。

 女性「新しいアトラクションがあるの。初めての遺伝子拡張配合よ。」

 窓際にいるオーウェン「新しい恐竜を作ろうってか?いい考えだとは思わないな」

 科学者「彼女(インドミナスレックス)はティラノサウルスよりも大きくデザインされているんだ。」

 この、目がギラギラしているのがインドミナスレックス。チャンスを狙っているようにも見えますね。

 ここで、クリスのコメント。

 慌てた女性の声「動物が檻から逃げたわ!」

 オーウェン「2万人の人がいるんだぞ?行く場所もない」

 またクリスのコメント。

 オーウェンが恐竜をなでながら、

 オーウェン「なんとしてでも、あいつを追うぞ」

 ここでのあいつは、おそらくインドミナスレックスでしょう。

 恐竜と共にバイクを走らせるオーウェン。カッコいい。

 その後、飼育員?的な人がインドミナスレックスを武器でどうにかしようとしますが、完全に返り討ちにあってます。

 再びコリンさんのコメント、オーウェンが全力で逃げていますね。

 後はハラハラドキドキの展開ばかり!!!以上で補足説明を終わります!!

 

 まとめ

 仲間の恐竜と一緒に別の恐竜であるインドミナスレックスを目指すと思われるシーンもありましたね。インドミナスレックスについて、

 インドミナスレックスが大暴れ!ジュラシックワールド!

 こちらで、他の予告についても紹介していますので、よろしければどうぞ!めちゃくちゃ賢いインドミナスレックスとどのような戦いが繰り広げられるのでしょうか。ジュラシックワールド本編に注目です!

 

JURASSIC WORLD Featurette – A Look Inside (2015) Chris Pratt Sci-Fi Movie HD から画像を引用

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

202010/23

【お母さんに内緒やで!】別れ際に賄賂を渡すかのようにそっとお小遣いをくれるオバアチャンがウケる

インスタで約14万のフォロワーを持つギャク漫画家の石塚大介さん(28)が、 '20年10月23日~25日まで大阪心斎橋と長堀橋の間にある大…

【ビフォーアフター】戦争で生き別れた3兄弟、90年後に再会して写真撮影?

©borepanda.com 先の大戦で生き別れになった3兄弟。ネットという名の文明の力でお互いの生存が判り、90年後に再会し、3人…

お誕生日サービス悪用?365日タダメシ喰らった19歳学生!

お誕生日サービスを悪用し1年間タダ食いライフハックをTiktokで公開(該当投稿削除)はした19歳の学生が話題になった。お誕生日は無料クー…

michelleobama_vote_bychari

ミシェル・オバマさんの『VOTEネックレス』ってどこで買える?ブランドは?

ミシェル・オバマ前大統領夫人が'20年8月17日に開催されたオンライン民主党大会で身に着けていたネックレスに注目が集まりました。 …

人口1人に議員7人?ふるさと納税で投票できるフランスの制度が気になる…

日本の自治体数は1700以上になる。避難勧告が出ている福島県双葉郡葛尾村の人口は18人だがそれを下回る自治体が世界にはある。フランス南西部…

年の差40・運命の男性は伝説のマフィアだった!マイヤー・ランスキーの愛人・手紙を公開

© Zali de Toledo /dailymail.co.uk メイヤー・ランスキーは禁酒法時代から'60年代後半にかけ…

世界最高齢のシャム結合双生児68歳で死去

©nytimes.com '20年7月4日、世界最高齢の結合性双生児のドニー、ロニー・ガリヨン兄弟が心臓発作で亡くなりまし…

201612/29

海外のトレンドを先取り!!2017年には日本に上陸するかも!?〜スキンケア編

ここ数年、日本の文化が海外で注目されその勢いは増すばかりです。そして現在、海外では日本の文化からヒントを得て誕生したというインディゴ・スキン…

201612/25

クリスマスシーズンにはやっぱり定番のあの曲は聴いておきたい!

今日はクリスマス。みなさんはどんなクリスマスを過ごしているのでしょうか。パーティーやイベントで盛り上がったり、恋人とロマンチックなひと時を過…

201612/21

地味な女子高生が一夜で有名人に!?『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

ハリウッドで今注目を浴びている若手俳優エマ・ロバーツ主演の『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』が新年2017年1月6日に全国ロード…

201612/15

有名人がゆえにプレッシャーも大きいのかもしれない…過去に自殺未遂を起こしたセレブたち

ストレスというものから逃れることのできない現代社会。ストレスからくるうつや孤独感に悩まされている人は世の中にたくさんいると思います。そしてそ…

201612/11

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』予告編新作公開!ベイビー・グルートに注目!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』が2017年5月5日に全米公開されるようで、予告編の新作が公開されました。新作の予告編では第一弾でほ…

201612/7

最悪の1日を過ごしてしまったという人もこれを見れば元気復活間違いなし!

「今日は本当に最悪の1日だった…」誰しも一回はこんな経験をしたことがあるはずです。けれども「最悪の1日」を過ごす人って世の中に意外と多いもの…

201612/3

将来はこうなっちゃう!?セレブにそっくり?な赤ちゃんたち

世の中に有名人のそっくりさんって意外といるものですが、今回登場するのはセレブのそっくりさん〜赤ちゃん編です。やはり有名人のそっくりさんともな…

201611/29

見るも無残、店内がめちゃくちゃに…これが本場のブラックフライデー!?

アメリカでは感謝祭の翌日の金曜日にブラックフライデーと呼ばれる大規模なセールが実施されます。小売店が大きく黒字になることからこう呼ばれるそう…

ページ上部へ戻る