連絡はこちらまで

© No info,no life All rights reserved.

ウォーキングデッド

ウォーキングデッドシーズン5ネタバレ5話!感想もあり!

 更新が遅くなりましたが、ウォーキングデッドのシーズン5第5話を見ました!

 ネタバレと感想を書いていきますので、ネタバレが嫌いな方は、静かにブラウザを閉じていただけると幸いです<(_ _)>

 

 

 前回に引き続きネタバレをお届けしますが、あくまで本編を見る前の準備程度にご覧になってください!

 誤った訳もあるかもしれませんので、過信しすぎないように<(_ _)>

 だいたいの大筋は掴めると思いますので、さっそく行きたいと思います!

 

 ネタバレ

 

 教会の近くにあった小さなバスでワシントンを目指す6人、ユージーン、タラ、グレン、マギー、エイブラハム、ロジータ。

 車中で、いちゃいちゃするエイブラハムとロジータ。

 マギーとグレンでユージーンにこれからどうするのかを詳しく聞こうとすると、「機密事項だ」と言われる。

 (科学者であるユージーンをワシントンに送り届けて、この騒動を止めるべく、ワシントンに6人で向っている。)

 その後も話していると、何らかのアクシデントにより、急にバスのタイヤがパンクしてしまう。

 ハンドルが言うことを聞かず、路上の車に激突し、バスはそのまま横転。

 そこに・・・ゆっくりと多数のウォーカーたちが集まってくる。

 

 オープニング

 

 エイブラハムの回想が始まる。

 素手で、ウォーカーとおぼしき人を殴り倒していた。

 エイブラハム「エレン…」

 どこか施設の中を歩き出すエイブラハム。

 

 ここで、元のバスの場面へ。

 エイブラハム「ユージーン、大丈夫か?」

 皆もユージーンを心配するが、なんとか無事。

 バスが横転したものの、大きなけがを負っているものはいなかった。

 ふらつきながらも、作戦を決めてウォーカーに囲まれているバスから逃げ出すことになる。

 

 エイブラハムが、後ろのドアを蹴破り、グレンたちが近くのウォーカーを倒していく。

 ナイフなどを使い、銃を発砲することなく、ウォーカーを倒しきった。

 エイブラハムが、ユージーンの体に傷がないかロジータに調べさせる。

 (ユージーンにもしものことがあると、ワシントンDCに行く意味がなくなってしまうため)

 

 グレンが、エイブラハムの手の出血を発見。

 グレン「あんたの血かい?」

 エイブラハム「ああ、古傷が開いたみたいだ」

 この古傷は、先ほどの回想で、ウォーカーを殴り倒したときに出血していた拳のこと。

 マギーが、エイブラハムの拳の治療をするために、倒れたバスに戻ろうとすると、炎上するバス。

 何かが引火したようである。

 

 皆が落胆する中、エイブラハムは、途中の道で車を拾えばいいから、とにかく進もうという。

 それに反対するユージーン

 ユージーン「25㎞ほど戻れば、リックたちがいる教会があるから戻ろう」

 だが、エイブラハムは意見を変えない。

 一刻も早く、ユージーンをワシントンDCに届けるんだ、というエイブラハム。

 皆が戸惑う中、グレンが、「あんたが本気でそう言っているなら、俺らもついていく」と言い、とりあえず皆で徒歩でワシントンDCを目指すことに。

 

 またエイブラハムの回想

 

 エイブラハム「エレン、エレン」

 建物の中、大きな声で呼ぶエイブラハム。

 エイブラハム「エレン!」

 うずくまっていたエレンと思われる女性が立ち上がる。

 その影からは、エレンの子供と思われる少年と少女が。

 

 場面は現在に戻る。

 使われていない図書館のような建物に侵入する6人。

 中にウォーカーはおらず、ここで一晩を過ごすことに。

 

 建物の周りの見張りを屋内からするエイブラハム。

 そこに、グレンが近寄る。

 エイブラハム「ありがとうな」

 グレン「何が?」

 エイブラハム「俺についてこないこともできたじゃないか」

 グレン「約束したからな」

 エイブラハム「破ることもできたろうに」

 エイブラハム「今この世界で生きている奴はみんな強い、俺らもそうでなきゃいけない」

 エイブラハム「他の奴らと遭遇したら、そいつらと助け合えるかもしれないが、そいつらが俺らを邪魔だと思うかもしれん」

 エイブラハム「そうなったら俺らがやるしかないんだ、やられる前に」

 黙って聞くグレン。

 エイブラハム「命を奪い合うのが簡単なこととは言いたくないんだが、この世界じゃ一番楽な方法になってしまったよな」

 グレン「けど世界は変わるだろ?」

 エイブラハム「変わるに決まってるさ」

 グレン「そのために俺らがいるもんな」

 

 

 ユージーンとタラが話している場面に。

 タラが、バスが横転したときにユージーンに助けられていました。

 そのお礼をタラがユージーンにいうと、バスが横転したのは自分のせいだと話し始めます。

 バスの燃料系統に、意図的にガラス片を置いたと話すユージーン。

 動揺するタラ。

 タラ「どうして?なんでそんなことをしたの?」

 ユージーン「…俺は結局この世界じゃ一人では生きていけないし、もし俺がこの騒動を止められなかったとしたら、俺には何の価値もないし、そうなったら君たちが俺を近くに置く理由はないだろ?」

 絶対にそんなことはない、私たちは仲間なんだから、というタラ。

 タラ「このことは黙っておくから、私以外の誰にも言わないでね。けど2度と私たちを棄権に合わせるような真似はしないで」

 うなずくユージーン。

 タラ「私たちはこんな状態になっちゃったんだから、一緒にがんばりましょ」

 少し距離が縮まった二人であった。

 

 またエイブラハムの回想に

 エイブラハム「エレン」

 エレンと、近くの二人の子供はおびえている。

 エイブラハム「あいつらは俺が倒した、だからもう怖がらなくてもいいんだよ」

 けれども、エレンと子供たちはおびえ切っている。

 ウォーカーの返り血がたくさんついているのも理由の一つだろう。

 少しショックを受けるエイブラハムだったが、いいんだ、と言って場面チェンジ。

 

 夜は明け、皆でこれからについて話し合っている。

 ここにもう一晩留まって、物資を集めてからワシントンに向かうか、それともすぐにワシントンに向かうかである。

 エイブラハムは、すぐに行こうとするが、ほかの人々は留まるべきと考えている。

 どちらにせよ、車を手に入れないことには始まらないとエイブラハムがいい、近くの消防車を調べに行くことに。

 調べると、どうやら少し修理すれば動かせそうなことが判明。

 直そうとすると、ウォーカーが多数出現する。

 皆で協力し、消防車のホースから放たれる高水圧などでウォーカーを撃退。

 

 さらにエイブラハムの回想

 

 疲れて寝ていたエイブラハムが目を覚ますと、一緒に寝ていたはずのエレンたちがいなくなっていることに気が付く。

 エイブラハム「エレン!」

 近くの布に、「私たちを探さないで」と書かれていた。

 エレンと子供たちの名前を叫びながら、建物を跳び出したエイブラハムであった。

 

 

 現代の場面に。

 ワシントンに向かって出発した一向であったが、次の町の手前であることに気が付く。

 2,3㎞手前からでもわかるほど、町全体がウォーカーで溢れていたのだ。

 まだ離れているとはいえ、激臭がするほど。

 皆が迂回しようと道を引き返そうとすると、エイブラハムは猛反対。

 エイブラハム「迂回してたらいつまでたってもワシントンにつかないだろ!」

 あのウォーカーの大群を突破するのは不可能だというグレンたちの話にも耳を貸さず、強引にユージーンを車に乗せようとする。

 それを力ずくで止めようとするグレン。

 エイブラハムを止めるために、皆で揉めあっていると、ユージーンが大きな声で言った。

 

 ユージーン「俺は科学者じゃないんだ!!」

 

 ユージーン「俺は科学者じゃないんだ、今までのはすべて嘘なんだ」

 ユージーンは、少しだけ皆より知恵があり、人よりも嘘をつくのが得意だと思っていた。

 だから、一番安全である確率が高いワシントンに行けば、より生き延びる可能性が高くなると思い、ワシントンに行くために嘘をついていたのだ。

 絶望する一同。

 嘘をついていたユージーンに強い怒りを覚えたエイブラハムは、グレンに止められながらもユージーンを3回ほど殴った。

 気絶するユージーン。

 

 ここで、エイブラハムの回想

 エレンたちを探しに、外を探すエイブラハム。

 少し行くと、そこにあったのはウォーカーに食べられてしまったエレンたちの姿が…

 打ちひしがれるエイブラハムは、自ら銃を取り出し、口に突っ込む。

 その瞬間に、「助けてくれ!」と声が聞こえてくる。

 声の主は、ユージーンで、これがエイブラハムとユージーンの出会い。

 3人のウォーカーに追われるユージーン。

 エイブラハムは取り出したナイフで、3人を倒す。

 感謝するユージーンだが、歩き去ろうとするエイブラハム。

 ユージーン「待ってくれ!待ってくれよ!俺を置いていくことはできないぞ!」

 エイブラハム「なんでだ?」

 ユージーン「・・・俺は重要なミッションについているんだ」

 

 ここまでで第5話終了!

 

 感想

 

 まさかユージーンが嘘をついているとは…

 エイブラハムが激怒するのもうなずけますね。

 それにしても、消防車の放水でウォーカーを撃退するシーンはなかなかシュールでしたね。

 放水の水圧がどの程度なのかわかりませんが、ウォーカーの頭を飛ばすほどの威力でしたからね。

 にしてもユージーンのウソの巧みさには驚かされました。

 戦闘面での活躍が全くないひ弱な男だとは思っていましたが、狡猾さも持ち合わせていたんですね(-_-;)

 これからのリックやエイブラハムとの仲がどうなってしまうかも気になります。

 ここから、グレンたちがどのような行動をとっていくのかが見どころですね!

 

 追記

 

 シーズン5第6話についても、ネタバレ&感想書きました!

 よろしければ、ご覧ください<(_ _)>

 ウォーキングデッドシーズン5ネタバレ6話!感想もあり!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

201612/29

海外のトレンドを先取り!!2017年には日本に上陸するかも!?〜スキンケア編

ここ数年、日本の文化が海外で注目されその勢いは増すばかりです。そして現在、海外では日本の文化からヒントを得て誕生したというインディゴ・スキン…

201612/25

クリスマスシーズンにはやっぱり定番のあの曲は聴いておきたい!

今日はクリスマス。みなさんはどんなクリスマスを過ごしているのでしょうか。パーティーやイベントで盛り上がったり、恋人とロマンチックなひと時を過…

201612/21

地味な女子高生が一夜で有名人に!?『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

ハリウッドで今注目を浴びている若手俳優エマ・ロバーツ主演の『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』が新年2017年1月6日に全国ロード…

201612/15

有名人がゆえにプレッシャーも大きいのかもしれない…過去に自殺未遂を起こしたセレブたち

ストレスというものから逃れることのできない現代社会。ストレスからくるうつや孤独感に悩まされている人は世の中にたくさんいると思います。そしてそ…

201612/11

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』予告編新作公開!ベイビー・グルートに注目!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』が2017年5月5日に全米公開されるようで、予告編の新作が公開されました。新作の予告編では第一弾でほ…

201612/7

最悪の1日を過ごしてしまったという人もこれを見れば元気復活間違いなし!

「今日は本当に最悪の1日だった…」誰しも一回はこんな経験をしたことがあるはずです。けれども「最悪の1日」を過ごす人って世の中に意外と多いもの…

201612/3

将来はこうなっちゃう!?セレブにそっくり?な赤ちゃんたち

世の中に有名人のそっくりさんって意外といるものですが、今回登場するのはセレブのそっくりさん〜赤ちゃん編です。やはり有名人のそっくりさんともな…

201611/29

見るも無残、店内がめちゃくちゃに…これが本場のブラックフライデー!?

アメリカでは感謝祭の翌日の金曜日にブラックフライデーと呼ばれる大規模なセールが実施されます。小売店が大きく黒字になることからこう呼ばれるそう…

201611/27

迫力満点の波の写真がまるで山岳のよう

オーストラリア人の写真家Lloyd Meudellさんの波の写真がこの上なく美しいと話題を呼んでいます。 (さら…

201611/25

素敵すぎる!毎日違う装いで仕事に向かう86歳の粋なおじいちゃん

みなさんはみだしなみにいつも気を使っていますか?おしゃれな人っていくつになってもホントに素敵に見えるものですよね。 カメラマンのZoe…

201611/23

新作ドラマのプロモーションがスゴすぎる!!海外SFドラマ『ウエストワールド』

今年10月から放送が始まった海外ドラマ『ウエストワールド』のプロモーションがリアルすぎると話題を集めています。 …

201611/21

ハリー・ポッター新シリーズ公開前に振り返ってみよう!これまでの8作

ハリー・ポッター新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の日本公開がいよいよ目前に迫ってきました。11月18日にすでに公開さ…

201611/19

娘のセルフィーを再現する父親のインスタが今や娘を超えて大人気に

インターネットの普及にともない若者がSNSをやるのは今や当たり前。そしてFacebookやTwitterに続き、若者の間ですっかり定着したI…

201611/17

夏休みを席巻した大ヒット・アニメーションが早くもDVDリリース!!『ファインディング・ドリー』

ファミリーで楽しめる映画といえば断然ディズニー、中でもピクサーの作品はそのクオリティーの高さには定評があります。そのピクサーのアニメーション…

201611/15

老犬の人生を変えた靴下

たかが“靴下”されど“靴下”。その靴下がある老犬の人生を最高に幸せにしたのです!?2年前にパグの里親を探す慈善団体Under my wing…

ページ上部へ戻る