連絡はこちらまで

© No info,no life All rights reserved.

映画『カポーティ』故フィリップ・シーモア・ホフマンの迫真の演技に脱帽

今回は残念ながら薬物の過剰摂取により2014年に46歳という若さで亡くなってしまった名優フィリップ・シーモア・ホフマンの代表作とも言える映画『カポーティ』を紹介したいと思います。日本では2006年に公開された作品です。

『カポーティ』は「ティファニーで朝食を」の原作者、トルーマン・カポーティの大ベストセラー小説「冷血」が完成にいたるまでの道のりを描いたカポーティの伝記ドラマです。「冷血」はカンザス州で実際に起きた一家惨殺事件の犯人と接触し取材を重ね、書き上げられたノンフィクション小説。カポーティはこの作品で“ノンフィクション小説”という新しいジャンルを切り開いたと言われています。それを題材とした、映画『カポーティ』はアカデミー賞で主要5部門にノミネートされ、トルーマン・カポーティを演じた俳優フィリップ・シーモア・ホフマンは真に迫った名演技で見事、主演男優賞を受賞。

capote_dvd

 

あらすじ

―――1959年、カンザス州のどかな田舎町ホルカムで一家4人が惨殺されるという事件が起きた。作家のトルーマン・カポーティ(フリップ・シーモア・ホフマン)はニューヨーク・タイムズに掲載されたその事件の記事に目をとめる。あまりにも惨い殺人の手口にカポーティは衝撃を受けるが、同時に好奇心にもそそられ、この事件を小説にしようと思い立つ。幼なじみの女流作家ネル・ハーパー・リーを誘いすぐさま現地へと向かい取材を始めた。やがて2人の青年ペリー・スミス(クリフトン・コリンズ・ジュニア)とディック・ヒコック(マーク・ペルグリノ)が容疑者として逮捕される。カポーティは事件の真相を暴くべく、彼らへの接近を試みる。面会を重ねるごとに容疑者の1人ペリーの信頼を得ていくわけだが…

 

この映画は何度か観ているのですが、観れば観るほどトルーマン・カポーティという人物に興味がわいてくるんですね、これが。ゲイであることを隠すことなく公表、成金趣味だけどお洒落さん、酒癖が悪く、平気で人を裏切る、だけど愛情に飢えた寂しがり屋さんで情が厚いのか世話好き。なんだかミステリアスな人です。この作品はカポーティの書いた「冷血」という小説が完成するまでを描いたドラマですが、読んだことがない人は1度読んでみることをお勧めします。しかし、本なんて読んでる時間ない!という方は映画化された「冷血」をご覧になるのもいいかもしれません。人物設定や背景もかなり事実に迫っていることがわかります。先でもよし、後でもよし、です。ちなみに私はトルーマン・カポーティの「冷血」自体、この作品を観てから知ったので後から読みました。もちろん映画版も観ましたよ。

in cold blood

しかし、たとえ観なかったとしても心理サスペンス的なものが好きという方ならば、十分に楽しめる作品です。

 

この作品では、カポーティの人間性を暴いているようにも思えますが、要するに、人間なら誰しも持っている欲の一面を明示しているわけですね。やはり人は人を利用するということです。ただ、カポーティという人物は天才肌とも言え、その感受性の豊かさと人に取り入る術はそんじょそこいらの人とは違う。悪意も無邪気に見えてしまうわけです。そして、天才がゆえに複雑すぎるその精神状態。でもひょっとしたら人間のほとんどはカポーティ同様、実は複雑なのかもしれません。ただ単に、その複雑さが表面に出るか出ないか、というだけの話ではないのか…そんな風にも思えます。一般人は“常識”という言葉にとらわれ、無意識に自制が働いているのかもしれません。天才は型破りですからね、やっぱり。

capote1

この作品のキャッチフレーズ

 “何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む”

さて、あなたならどうとらえるでしょうか!?

とにかくフィリップ・シーモア・ホフマンの演技は圧巻。この作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。しゃべり方やしぐさまでカポーティの特徴を良くとらえ、まさに本人になりきった熱演です。どのくらい似ているかトルーマン・カポーティ本人の映像とくらべてみてください。

1971年の映像ですが、向かって右端の蝶ネクタイのおじさまがカポーティです。特徴をとらえた名演技だということがわかると思います。

 

capote1959

1959年当時のトルーマン・カポーティ本人

 

こんな素晴らしい演技を見せてくれる俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなったとのニュースを聞いたたきは本当に残念でなりませんでした。彼の演技を是非この映画で堪能してほしいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

201612/29

海外のトレンドを先取り!!2017年には日本に上陸するかも!?〜スキンケア編

ここ数年、日本の文化が海外で注目されその勢いは増すばかりです。そして現在、海外では日本の文化からヒントを得て誕生したというインディゴ・スキン…

201612/25

クリスマスシーズンにはやっぱり定番のあの曲は聴いておきたい!

今日はクリスマス。みなさんはどんなクリスマスを過ごしているのでしょうか。パーティーやイベントで盛り上がったり、恋人とロマンチックなひと時を過…

201612/21

地味な女子高生が一夜で有名人に!?『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

ハリウッドで今注目を浴びている若手俳優エマ・ロバーツ主演の『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』が新年2017年1月6日に全国ロード…

201612/15

有名人がゆえにプレッシャーも大きいのかもしれない…過去に自殺未遂を起こしたセレブたち

ストレスというものから逃れることのできない現代社会。ストレスからくるうつや孤独感に悩まされている人は世の中にたくさんいると思います。そしてそ…

201612/11

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』予告編新作公開!ベイビー・グルートに注目!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』が2017年5月5日に全米公開されるようで、予告編の新作が公開されました。新作の予告編では第一弾でほ…

201612/7

最悪の1日を過ごしてしまったという人もこれを見れば元気復活間違いなし!

「今日は本当に最悪の1日だった…」誰しも一回はこんな経験をしたことがあるはずです。けれども「最悪の1日」を過ごす人って世の中に意外と多いもの…

201612/3

将来はこうなっちゃう!?セレブにそっくり?な赤ちゃんたち

世の中に有名人のそっくりさんって意外といるものですが、今回登場するのはセレブのそっくりさん〜赤ちゃん編です。やはり有名人のそっくりさんともな…

201611/29

見るも無残、店内がめちゃくちゃに…これが本場のブラックフライデー!?

アメリカでは感謝祭の翌日の金曜日にブラックフライデーと呼ばれる大規模なセールが実施されます。小売店が大きく黒字になることからこう呼ばれるそう…

201611/27

迫力満点の波の写真がまるで山岳のよう

オーストラリア人の写真家Lloyd Meudellさんの波の写真がこの上なく美しいと話題を呼んでいます。 (さら…

201611/25

素敵すぎる!毎日違う装いで仕事に向かう86歳の粋なおじいちゃん

みなさんはみだしなみにいつも気を使っていますか?おしゃれな人っていくつになってもホントに素敵に見えるものですよね。 カメラマンのZoe…

201611/23

新作ドラマのプロモーションがスゴすぎる!!海外SFドラマ『ウエストワールド』

今年10月から放送が始まった海外ドラマ『ウエストワールド』のプロモーションがリアルすぎると話題を集めています。 …

201611/21

ハリー・ポッター新シリーズ公開前に振り返ってみよう!これまでの8作

ハリー・ポッター新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の日本公開がいよいよ目前に迫ってきました。11月18日にすでに公開さ…

201611/19

娘のセルフィーを再現する父親のインスタが今や娘を超えて大人気に

インターネットの普及にともない若者がSNSをやるのは今や当たり前。そしてFacebookやTwitterに続き、若者の間ですっかり定着したI…

201611/17

夏休みを席巻した大ヒット・アニメーションが早くもDVDリリース!!『ファインディング・ドリー』

ファミリーで楽しめる映画といえば断然ディズニー、中でもピクサーの作品はそのクオリティーの高さには定評があります。そのピクサーのアニメーション…

201611/15

老犬の人生を変えた靴下

たかが“靴下”されど“靴下”。その靴下がある老犬の人生を最高に幸せにしたのです!?2年前にパグの里親を探す慈善団体Under my wing…

ページ上部へ戻る